新規顧客層を取り込みたい。
リアルのタッチポイントを創出するために【エアプレ】を導入

ポストコロナ社会では、サンプリングやテスターの配布、リアルイベントなどの施策を行いづらくなりました。リアルチャネルのブランドタッチポイントは大きく減少しています。ブランドタッチポイントの減少は、顧客とのコミュニケーションロスだけでなく、ブランドを知ってもらうきっかけさえ奪ってしまう。

2020年10月よりスタートした「aircatalog present【エアプレ】」は、そのような課題のソリューションとして誕生しました。オフィスの福利厚生型Webメディアを活用し、ターゲットの自宅へ商品をお届けするギフティングサービスで、商品体験後のアンケート・口コミまでをサポートします。

今回は、【エアプレ】を導入いただいている株式会社ミックコスモの担当者に「エアプレ導入前の課題」「エアプレ導入のきっかけ」を伺いました。

株式会社ミックコスモ
ドラッグストアやバラエティショップを中心に販売チャネルを持つ、1986年設立の化粧品会社。今回、同社ブランド「ホワイトラベル」の2020年9月発売の新商品「金のプラセンタ もっちり白肌濃シワトールシート」のプロモーションの一環として【エアプレ】を導入。

1. ホワイトラベルが大切にしていること
2. aircatalog present【エアプレ】導入背景
3. aircatalog present【エアプレ】を検討されている方へ一言

1. ホワイトラベルが大切にしていること

- ホワイトラベルは、2019年に10周年を迎えたとか。

初のホワイトラベルシリーズ「もっちり白肌美容水」が誕生してから、ようやくここまで辿り着きました。2009年に「10年続くブランドをつくりたい」という想いでスタートし、今ではシリーズ累計600万本を販売しています。嬉しいことに、@cosmeなどの口コミサイトでは、多くの口コミをいただいております。

ホワイトラベル 「贅沢プラセンタ もっちり白肌シリーズ」の商品

- 2020年9月には、新商品「金のプラセンタ もっちり白肌濃シワトールシート」を発売されましたね。

もともと「ホワイトラベル 金のプラセンタもっちり白肌濃シワトール」という、目元・口元ケアの集中ジェルを販売しています。そんな中、商品開発のためにヒアリングを重ねたところ、より徹底的にケアしたいという声があり、フェイスシートの開発に至りました。

- どのような方がターゲットなのでしょうか?

特に在宅ワーカーに使って欲しいですね。コロナの影響で表情筋を使わなくなり、ハリやたるみを気にされる方が多いです。さらに「金のプラセンタ もっちり白肌濃シワトールシート」だと、ポイントケア商材なので、仕事しながらでも使えるかもしれませんね。

2. aircatalog present【エアプレ】導入背景

- 新商品のプロモーションの一環として【エアプレ】を導入いただきました。導入前の課題は何だったのでしょう?

新規顧客とのタッチポイントに課題を感じていました。新商品の発売にあたり、商品に興味を持っている新規顧客との接点を探していたのですが、ポストコロナ社会では店頭でのテスターやサンプルの配布が実施できない状況が続いています。

- これまではリアルプロモーションを実施していたのですか?

これまでにも様々なリアルプロモーションを実施していました。例えば、イベントの出展や店頭サンプリングなど。しかしこのようなご時世では、なかなかそのような施策は実施できません。

- エアプレ導入の決め手を教えてください。

エアプレはWebを通して、興味を持ってくれているユーザー、且つ商品のターゲットユーザーにアプローチできます。商品を自宅に直送してくれる点も、安心ですね。さらに、導入コストが低く、まずは試してみようと踏ん切りがつきましたね。

- 導入には苦労されましたか?

面倒な記事作成や発送業務などが一切なく、非常にスムーズに導入に至りました。商品の応募フォームや、事後アンケート項目を考えた後は、オリエンシートを記載し、商品をお送りするだけでした。

- 今後の【エアプレ】に期待することはありますか?

【エアプレ】のプラットフォーム内では、どのようなコミュニケーションが発生しているのかを知りたいですね。どのようなコミュニケーションが発生しているのかを把握した上で、今後のマーケティングや開発に生かしたいと思います。

- なるほど。商品体験ユーザーとコミュニケーションを図れるように、サービス改善に努めます!

3. aircatalog present【エアプレ】を検討されている方へ一言

- 最後に【エアプレ】をご検討いただいている方へ一言お願いします!

Slackなどチャットツールを使ったことがないという企業からすれば、イメージがつかない、分からないことも多いかもしれません。しかし、わからないこともキャトルさんがしっかりフォローしてくれるので安心できると思います。

- ありがとうございました!

その他の導入インタビュー・事例

2019年9月30日

【aircatalog企画】社内で本格ビールセミナー!ユーザベース、キリンビールセミナーとコラボした体験型イベントを実施。

2019年9月30日

商品体験を 'ユーザーとの出会い' と位置付ける。美容サロン運営やコスメ商品の開発・販売を手がける株式会社エストロワ【商品体験 (-PX-) catalog】

2019年9月30日

商品体験を通して”高知県といえば”を目指す。クラフトジンジャーエールを製造販売する、夢産地とさやま開発公社【商品体験 (-PX-) catalog】